今さら聞けない?特別な日に行く食事の正しいマナー

洋食のマナーについて

洋食にはテーブルマナーがあります。特別な日におしゃれなレストランでおしゃれをしているのにマナーがわからないと混乱してせっかくのメニューを楽しめないですよね。洋食のマナーを確認してみましょう。
まずナプキンは食事を食べる前に二つ折りにして膝に置きます。折り目の山側を身体のほうに向けましょう。
フォークやナイフは出されるメニューごとに外側から取って使っていきます。右利きの人はナイフは右手、フォークは左手に持つようにしましょう。左利きの人は逆に持ちます。食べている最中にフォークやナイフを置くときはお皿にハの字に置きましょう。食べ終わった時は左側に重ねて置きます。
食べてる最中には音を立てないように気をつけましょう。スープを飲むときはスプーンを口に対して直角に当てると音が立ちにくいです。

和食のマナーについて

和食にもマナーがあります。
まずいつも使っているお箸ですがお箸の取り方にもマナーがあります。右手でお箸の真ん中を軽く掴みます。次に左手でお箸の下の部分を持ちます。最後に右手をお箸の持ち手の部分に動かします。指を揃えるとより綺麗なしぐさに見えるでしょう。
お椀の開け方にも気をつけましょう。左手でお椀の縁を押さえ、右手で蓋の出っ張りの部分を引っ張ります。このとき蓋を手前から向こう側に動かします。あくまでそっと動かすのが綺麗に見えるコツです。蓋を置くときは裏側を上にして右側に置くようにします。両手で置くとベストです。
食事中は器に口を近づけるのではなく、器を手で持って食べましょう。また、1つの料理を集中的に食べるのではなく満遍なく口をつけるように注意しましょう。
マナーを頭の片隅に入れて楽しい時間が過ごせると良いですよね。